スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「おくりびと」国際NGOの特別賞を受賞&全米公開急きょ拡大

    「おくりびと」国際NGOの特別賞を受賞&全米公開急きょ拡大

    まず、
    アメリカ・ワシントンで行われた映画祭で、滝田洋二郎監督の「おくりびと」
    に“人間の価値観”をテーマに選んだ、国際NGOの特別賞が贈られました。
     アカデミー賞外国映画賞を受賞した映画「おくりびと」は、先月ワシントンで
    行われた第23回DC国際映画祭の開幕式に特別上映されたものですが、
    このほど、カトリックメディア協議会賞が贈られることになり、7日、藤崎駐米
    大使に賞状が手渡されました。 カトリックメディア協議会(SIGNIS)は、
    カンヌやベルリンなど30の国際映画祭に参加し、平和や人権、人間の価値観
    といった観点から独自に賞を出しているNGOグループです。
     「おくりびと」については、「人間の尊厳が畏敬の念を持って描かれている」こと
    などを授賞理由としています。 「映画祭に参加した31作品の中でダントツでした。
    11日間の期間中、頭から離れないほどでした」(SIGNIS 米国代表 フランク・
    フロスト氏) 「上映後、観客たちはいかにこの映画を気に入ったかを口々に語って
    いました」(DC国際映画祭ディレクター トニー・ギテンズ氏) カトリックメディア
    協議会では今回、他にも山田洋次監督の「母べえ」とカナダの作品に審査員賞を
    贈っています。

    次に、
    「おくりびと」全米公開急きょ拡大
     「おくりびと」オスカー獲得を受けて、全米での公開も拡大しそうだ。
    配給元の松竹によると、当初は5月中旬からロス、ニューヨークなどで5~10館で
    公開される予定だった。が、今回の受賞により、“無名”だった同作への注目度が
    大幅アップ。現地23日付の米ロサンゼルス・タイムズは「一風変わった奥深い題材」
    と報道。これらを受けて「どんな映画なの?」「見てみたい」という声が数多く寄せられ、
    急きょ、米国の配給会社が劇場確保に向け動き出したという。

     具体的な劇場数はこれから調整していくが、少なくとも2倍、3倍の増加は見込めそう。
    同作は韓国や香港、欧州、中南米など36カ国・地域での配給がすでに決定している
    が、こちらも拡大することになりそう。

     日本でも、東京・丸の内ピカデリー3には早朝から約1000人が長蛇の列を作った。
    劇場数も28日から8増えて190スクリーンになることが決定するなど、アカデミー効果
    が如実に表れた。



    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://lacoco.blog11.fc2.com/tb.php/209-5e184d77

     | HOME | 

    Appendix

    猫

    ネーム:Komachi

         

       Admin

    Categories



    Monthly







    Calendar

    « | 2017-08 | »
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    Recent Entries

    Categories





    Recent Comments

    Recent Trackbacks





    まとめ