スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「愛を読む人」 ケイト・ウィンスレット

    遅ればせながら、アカデミー賞受賞作品の一つである「愛を読む人」
    のことを知り、どうしても映画を観てみたくなった。

    世界各国で感動の涙を誘い、本国ドイツでは教科書にまで取り上げら
    れる大ベストセラー「朗読者」(新潮文庫刊)。大戦後のドイツを舞
    台に若き青年と年上の女性の“朗読”を通して紡がれる激しくも切な
    い愛を綴った本作が『愛を読むひと』として映画化された。本作で、
    ヒロイン・ハンナの36歳から30年にわたる人生を生き抜き、アカデミ
    ー賞主演女優賞はじめ数々の映画賞を手にしたのが、ケイト・ウィン
    スレット。確実に彼女の代表作の一つとなった本作。

    愛を読む人2

    ケイトの役は当初ニコール・キッドマンが演じる予定だったが、妊娠に
    よって降板したニコールに代わり、ケイトが役を得た。
    ニコール降板を憂う声はあったものの、この降板劇が上手く作用した
    のは出来上がった作品を観れば明らか。戦後10年以上が経ったドイツ
    を皮切りに、ひとりの少年の運命を揺るがし、ある決意のドラマへと
    導くことになる女性を、ケイトはパワフルな存在感の中に謎めいた哀
    しみを湛えながら演じ上げている。

    愛を読む人

    愛を読む人3


    1958年のドイツ。15歳のミヒャエル(デヴィッド・クロス)は、気分
    の悪くなったところを21歳年上のハンナ(ケイト・ウィンスレット)
    に助けられる。その出会いから、2人はベッドを共にするようになり、
    ハンナはミヒャエルに本の朗読を頼むようになる。だが、ある日突然、
    彼女が姿を消してしまう…。数年後、法学専攻の大学生になったミヒ
    ャエルは彼女と法廷で再会する。彼女は戦時中の罪に問われ、無期懲
    役の判決を受ける。時は流れ、ミヒャエル(レイフ・ファインズ)は
    ハンナの最後の“朗読者”になろうと決心し、彼女の服役する刑務所
    に物語の朗読を吹き込んだテープを送り続けるのだったが――。

    愛を読む人4


    本作の日本版イメージソングを平井堅が担当することが決定した。
    イメージソングに使用されることが決まったのは、ボビー・コールド
    ウェルがボズ・スキャッグスに提供し、後にセルフカバーもされて
    ヒットを記録した名曲「Heart Of Mine」。5月27日(水)にリリース
    される平井さんのコンセプト・カバーアルバム「Ken's Bar II」に
    収められている。平井さんは「この曲は昔から好きで、特に歌詞の
    世界観が詩的でこの映画にもぴったりだと思います」とコメント。
    さらに、「僕も歌うときに“言葉”を大切にして歌っていますが、
    この映画も“言葉”の大切さを伝えてくれる素晴らしい作品です。
    僕の歌う『Heart Of Mine』と共に、『愛を読むひと』を楽しんで
    いただければと思います」と映画への共感を口にしている。
    まさに物語を“読む”ように感情を歌声に乗せる平井さんと、
    登場人物たちの胸に秘めた思いを静かに、しかし強く観る者の心に
    伝える本作。そのコラボレーションはいかに?

    「Ken's Bar II」
    価格:初回盤 3,680円(税込)/通常版 3,059円(税込)
    発売元:デフスターレコーズ

    ★愛を読む人公式HP★

    ★第82回アカデミー賞®記念 あの名作をオールナイトでもう一度!★

    《クリックをよろしく》

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://lacoco.blog11.fc2.com/tb.php/219-feb6b6dd

     | HOME | 

    Appendix

    猫

    ネーム:Komachi

         

       Admin

    Categories



    Monthly







    Calendar

    « | 2017-10 | »
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    Recent Entries

    Categories





    Recent Comments

    Recent Trackbacks





    まとめ