スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2010年本屋大賞に冲方丁の『天地明察』~映画化

    『天地明察』 冲方丁(うぶかた とう)
    高校時代に渋川春海の存在を知り心奪われた著者が、長年構想を温め、
    ついに実った果実。熱い思いの結晶です。

    冲方丁

    『天地明察』 

    《 冲方丁生い立ち》 
    ある記録的な大雪の日に誕生。双子の予定がなぜか一人。
    父が「一人減りました」と実家に報告。誤解して水子供養を始める
    祖父母。 四歳の誕生日、父の転勤。
    「シンガポールに行くから」と母が言う。車で行ける場所だと勘違
    いしたまま気づけば日本語が通じない場所に。 九歳で陽気な東南
    アジアを去り、帰国。ファミコンと『ドラクエ』の洗礼を受ける。 
    十歳で父の転勤。「来週ネパールに行くから」と言われ翌週には帰
    れると勘違いしたままインターナショナルスクールに転校。日本語
    が恋しくて辞書を読む。 
    この頃、日本アニメが世界で流行。『アキラ』や『ナウシカ』や
    『ガンダム』の翻訳をクラスメイトから頼まれ『ポケットの中の戦
    争』などを小説形式で英訳。 十四歳で混沌と熱気の国を去り、帰国。
    日本のメディアの再洗礼を受けつつ『ウォーターボーイズ』で有名
    な川越高校に入学。先輩から『天使の卵』と押井守と天野喜孝を教
    えられ耽溺する。 
    小説家になる野望を抱き、高校卒業時に角川書店スニーカー大賞に
    応募し、受賞。 出版のち早稲田大入学のちゲーム業界に突入。
    突撃先であるセガでパソコンとネットを覚える。漫画原作の野望を
    抱き、二年後に実現。現在YKアワーズにて伊藤真美氏とともに連載中。 
    この頃、『マルドゥック』の第一稿を脱稿。 超極厚小説『ばいばい、
    アース』を出版のち大学中退。 アニメ制作の野望を抱き、少年画報
    社の新年会でプロデューサーと握手。飲み過ぎて記憶を失うが企画は
    進行。別枠でキングレコードに原案提出。現在製作中、乞うご期待。 
    結婚のち『カオスレギオン』発表。翌年『マルドゥック』発表。 
    (2003年SF-JAPAN9号「よくわかる冲方丁」より)

    ■日本初の国産暦の生みの親 渋川春海
    寛永16年(1639年)江戸幕府碁所・安井算哲の子として京都で生まれる。
    承応元年(1652年)、父の死によって二世安井算哲を継ぐ。囲碁の研鑽
    の一方で天文・数学・暦学などを学び、21歳の時に各地の緯度を計測し
    て、当時用いられていた誤差のある宣明暦からの改暦を申し出る。
    申し出ること三回、ようやく朝廷に採用され、春海がつくった新しい暦は、
    貞享暦として後の太陰暦の基本となる。その功により貞享元年(1684年)
    碁所をやめ初代幕府天文方に任じられる。正徳5年(1715年)77歳で没。

    岡田准一・宮崎あおいで映画化

    冲方丁(うぶかた とう)オフィシャルブログ

    e-honHP

    作家の読書道


    人気ブログランキングへ

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://lacoco.blog11.fc2.com/tb.php/244-6ed99f4f

     | HOME | 

    Appendix

    猫

    ネーム:Komachi

         

       Admin

    Categories



    Monthly







    Calendar

    « | 2017-10 | »
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    Recent Entries

    Categories





    Recent Comments

    Recent Trackbacks





    まとめ