スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    女性画家タマラ・ド・レンピッカ

    NHKの「歌うコンシェルジュ」で 
    1920~30年代にかけてヨーロッパを席巻したアール・デコを
    代表する女性画家タマラ・ド・レンピッカ(1898-1980)
    の絵を観た。緑色の衣裳に身を包んだ娘の肖像画は衝撃的です。

    タマラ

    ワルシャワの良家に生まれ、思春期をロシアとスイスで過ごす。
    18歳で弁護士レンピッキ伯爵と結婚する。翌年ロシア革命でパリへ亡命。
    働かない夫を尻目に画業で身を立てる決心。時代に翻弄されながらも女性
    の自由な生き方を実践し、狂乱の時代とも呼ばれた1920年代のパリで独特
    の作風により、画家として一躍注目された。やがて第二次世界大戦の脅威
    の中、アメリカに亡命。その後、時代とともに次第に忘れさられていった。
    そして70年代に再評価され、1980 年に82歳でその劇的な人生を終えた。

    タマラ2


    ★展覧会の紹介★


    人気ブログランキングへ



    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://lacoco.blog11.fc2.com/tb.php/261-08299df0

     | HOME | 

    Appendix

    猫

    ネーム:Komachi

         

       Admin

    Categories



    Monthly







    Calendar

    « | 2017-08 | »
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    Recent Entries

    Categories





    Recent Comments

    Recent Trackbacks





    まとめ