スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    第83回アカデミー賞「王様のスピーチ」3部門受賞

    第83回アカデミー賞の授賞式が2011年2月27日に行われた


    作品賞 『英国王のスピーチ』
    作品賞

    【前哨戦の結果】
    ゴールデン・グローブ賞(GG)
    【ドラマ部門】             ソーシャル・ネットワーク
    【ミュージカル/コメディ部門】     キッズ・オールライト
    全米製作者組合賞(PGA)         英国王のスピーチ
    全米映画批評家協会賞(NSFC)     ソーシャル・ネットワーク
    ニューヨーク映画批評家協会賞(NYFCC) ソーシャル・ネットワーク
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(LAFCA) ソーシャル・ネットワーク
    放送映画批評家協会賞(BFCA)      ソーシャル・ネットワーク
    ※クリティック・チョイス・アワード
    ナショナル・ボード・オブ・レビュー(NBR)ソーシャル・ネットワーク
    英国アカデミー賞(BAFTA)        英国王のスピーチ

    【スタッフの予想】
    『英国王のスピーチ』
    最有力は“21世紀の『市民ケーン』”の呼び声も高い『ソーシャル・ネットワーク』。37の映画賞・映画祭で合計 106冠(1月27日時点)を達成し、このままいけば受賞は確実といいたいところ。しかし、会員との重複率が高い全米製作者組合賞(PGA)では『英国王のスピーチ』に軍配が上がった。過去3年、PGAの受賞作がオスカーを獲得していることから見ても、逆転劇がないとも言えない状況だ。

     そこで考えたいのが、今年のオスカーを象徴するキーワード「King VS Nerd(王VSオタク)」。もちろん『英国王のスピーチ』『ソーシャル・ネットワーク』の主人公を指した言葉だ。『英国王のスピーチ』のジョージ6世は吃音を気に病む内気な性格。かたや『ソーシャル・ネットワーク』のマーク・ザッカーバーグは、周りに理解されない天才プログラマ。実は王もオタク青年も、権力と富を手にしながらコミュニケーションに問題を抱えた人間という意味では共通点が多い。勝負の鍵は、どちらが人間ドラマとして共感を得ることができるかだ。

     巨大SNSの光と影を描いた『ソーシャル・ネットワーク』は、弾丸のように飛び交う台詞、めまぐるしく変化するインターネット業界、若者たちのエゴのぶつかり合い…挙げていくだけでも保守的な老人を疲れさせる要素がいっぱいだ。一方の『英国王のスピーチ』は、アカデミー会員が大好きな史実に基づく王室感動秘話。おまけに『英国王のスピーチ』は12部門で最多ノミネートを勝ち得ており、8部門に留まった『ソーシャル・ネットワーク』よりも業界内の支持が高いという声もある。受賞確実といわれていた『ブロークバック・マウンテン』の同性愛というテーマが敬遠され、『クラッシュ』に破れるという悲劇があったことを思い出せば、『英国王のスピーチ』が若干有利ではないかと予想した。


    監督賞  トム・フーパー 『英国王のスピーチ』
    監督賞

    【前哨戦の結果】
    ゴールデン・グローブ賞(GG): デヴィッド・フィンチャー『ソーシャル・ネットワーク』
    全米監督組合賞(DGA): トム・フーパー『英国王のスピーチ』
    全米映画批評家協会賞(NSFC): デヴィッド・フィンチャー『ソーシャル・ネットワーク』
    ニューヨーク映画批評家協会賞(NYFCC): デヴィッド・フィンチャー『ソーシャル・ネットワーク』
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(LAFCA): デヴィッド・フィンチャー『ソーシャル・ネットワーク』
                          オリヴィエ・アサイヤス『Carlos(原題)』
    放送映画批評家協会賞(BFCA):デヴィッド・フィンチャー『ソーシャル・ネットワーク』 
    ※クリティック・チョイス・アワード
    ナショナル・ボード・オブ・レビュー(NBR):デヴィッド・フィンチャー『ソーシャル・ネットワーク』
    英国アカデミー賞(BAFTA) ;デヴィッド・フィンチャー『ソーシャル・ネットワーク』

    【スタッフの予想】
    デヴィッド・フィンチャー『ソーシャル・ネットワーク』  前哨戦はほぼデヴィッド・フィンチャーの独走状態。キャリアから見てもこの部門はフィンチャーでカタいと誰もが思っていた――1月29日までは。最重要前哨戦である全米監督組合賞(DGA)の授賞式で、名前が読み上げられたのは若手英国人監督のトム・フーパー(『英国王のスピーチ』)だったのだ。『英国王のスピーチ』を製作した業界のドン、ワインスタイン兄弟の陰謀か、はたまたキャンペーンの失敗か。大方の予想を裏切る展開に、いったいフィンチャーの何が組合員たちのお気に召さなかったのか、と勘ぐりたくもなる。

     ここから先はあくまで外野の想像だが、24歳で映像制作会社を立ち上げたデヴィッド・フィンチャーは、いわば独立独歩のクリエイタータイプ。ミュージックビデオ出身で、エッジの立った映像も特徴だ。それだけに業界内ではこだわりが強く扱いにくい人間という噂もある。『セブン』や『ファイトクラブ』で、若くしてヒットメイカーとなった彼に対するやっかみもあるだろう。対するトム・フーパーはといえば、正攻法の演出、穏やかな人柄、テレビシリーズで頑張ってきた職人肌…と、中高年会員からも好感の持てるタイプ。本選で果たしてこの差がどう出るかに注目したい。

     この部門でもうひとつのサプライズは『インセプション』のクリストファー・ノーランが落選したこと。『ダークナイト』(08)に続いてノーランが無視されたことで、映画ファンからは大ブーイングが上がっている。刺激的な映像世界を指揮する才能は監督賞候補の一角に食い込んで当然だが、アカデミー賞では出る杭が打たれてしまうのが現実。多層構造の潜在意識という設定も中高年の会員には理解しづらかったのか。代わりに入ったのはジョン・フォードの傑作西部劇『勇気ある追跡』をリメイクしたコーエン兄弟。すでにオスカーレースの常連となっている彼らを選ぶあたりも、やはり会員たちの保守ぶりがうかがえる。


    主演男優賞  コリン・ファース 『英国王のスピーチ』
    男優賞

    【前哨戦の結果】
    ゴールデン・グローブ賞(GG) 【ドラマ部門】コリン・ファース『英国王のスピーチ』
                    【ミュージカル/コメディ部門】ポール・ジアマッ
    全米映画俳優組合賞(SGA)     コリン・ファース『英国王のスピーチ』
    全米映画批評家協会賞(NSFC)     ジェシー・アイゼンバーグ『ソーシャル・ネットワーク』
    ニューヨーク映画批評家協会賞(NYFCC) コリン・ファース『英国王のスピーチ』
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(LAFCA) コリン・ファース『英国王のスピーチ』
    放送映画批評家協会賞(BFCA)      コリン・ファース『英国王のスピーチ』
    ※クリティック・チョイス・アワード
    ナショナル・ボード・オブ・レビュー(NBR) ジェシー・アイゼンバーグ『ソーシャル・ネットワーク』
    英国アカデミー賞(BAFTA)     コリン・ファース『英国王のスピーチ』


    【スタッフの予想】
    コリン・ファース『英国王のスピーチ』  ついにコリン・ファースの時代がやってきた。ゲイの大学教授を演じた『シングルマン』に続き、2年連続の主演男優賞ノミネート。まじめでカタブツな英国紳士のイメージから、中年の色香を感じさせる名優へ――年齢を重ねてさらに魅力が増したコリンに、もはや敵はいない。全米俳優組合賞を筆頭に数々の前哨戦を制し、今年1月には「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」の仲間入りも果たした。ここでコリンが受賞しなければ暴動が起きたっておかしくない状況だ。勝利はもう目前。コダック・シアターの舞台がコリンを待っている。

     この部門でのサプライズは、『BIUTIFUL ビューティフル』のハビエル・バルデムの候補入り。外国語映画という不利な条件もあり、前哨戦ではコンテンダーリストにも入っていなかったが、最後の最後になってカンヌ国際映画祭男優賞の肩書きがきいたのか。代わりに『Get Low』の重鎮ロバート・デュヴァルが落選している。


    主演女優賞  ナタリー・ポートマン 『ブラック・スワン』
    女優

    【前哨戦の結果】
    ゴールデン・グローブ賞(GG)
     【ドラマ部門】            ナタリー・ポートマン『ブラック・スワン』
     【ミュージカル/コメディ部門】    アネット・ベニング『キッズ・オールライ ト』
    全米映画俳優組合賞(SGA)     ナタリー・ポートマン『ブラック・スワン』
    全米映画批評家協会賞(NSFC)     ジョバンナ・メッツォジョルノ『勝利を』
    ニューヨーク映画批評家協会賞(NYFCC) アネット・ベニング『キッズ・オールライト』
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(LAFCA) キム・ヘジャ『母なる証明』
    放送映画批評家協会賞(BFCA)      ナタリー・ポートマン『ブラック・スワン』 
    ※クリティック・チョイス・アワード
    ナショナル・ボード・オブ・レビュー(NBR)レスリー・マンヴィル『Another Year(原題)』
    英国アカデミー賞(BAFTA)      ナタリー・ポートマン『ブラック・スワン』

    【スタッフの予想】
    ナタリー・ポートマン『ブラック・スワン』  この部門はアネット・ベニングとナタリー・ポートマンの一騎打ち。アネット・ベニングの実力は皆が知るところなのだが、いちいち過去の相手が悪かった。 1990年は『ゴースト/ニューヨークの幻』のウーピー・ゴールドバーグ、1999年は『ボーイズ・ドント・クライ』のヒラリー・スワンクと、強力なライバルに惨敗。2004年は『ミリオンダラー・ベイビー』のヒラリー・スワンクに再び敗れてしまう。しかし、今年はアネットの天敵ヒラリー・スワンク(『Conviction』)も落選。『キッズ・オールライト』では同性愛者の母親役で、誰もが巧いとうなるベテラン芸を見せた。ゴールデン・グローブ賞(ミュージカル/コメディ部門)受賞で弾みをつけ、三度目の正直ならぬ、四度目の正直なるか。
     対するナタリーだって負けていない。『ブラック・スワン』では精神的に追い詰められていくバレリーナを鬼気迫る表情で演じ、女優として一皮むけたと絶賛されている。『ブラック・スワン』の振り付け師との妊娠・婚約も発表し、代表作と夫と子どもを一気に手に入れるというオメデタ続きだ。ゴールデン・グローブ賞(ドラマ部門)、全米俳優組合賞も受賞し、勢いは完全にナタリーにある。さらに、アカデミー賞はここ数年視聴率の獲得に躍起になっており、妊婦のナタリーが受賞したほうが数字が取れるという思惑も票を動かしそうだ。

    助演男優賞  クリスチャン・ベール 『ザ・ファイター』
    助演男優

    【スタッフの予想】

    クリスチャン・ベール『ザ・ファイター』  『ダークナイト』のプロモーション中に母親と姉に対する暴行容疑で逮捕(のちに不起訴)され、『ターミネーター4』の撮影中にはスタッフを罵った暴言テープが流出。何かとお騒がせのクリスチャン・ベールだが、そんなゴシップを吹き飛ばす実力で前哨戦を快勝している。『ザ・ファイター』では、元コカイン中毒の悲哀を演じるため12kg減量し、髪の毛を抜き、歯並びを変えた。マーロン・ブランド、ロバート・デ・ニーロといった名優たちに並ぶ肉体改造に加え、堕ちた男の痛み、弟への深い愛情を表現した演技力が絶賛されている。ゴールデン・グローブ賞、全米俳優組合賞も無事に受賞し、オスカーはもう目の前だ。

     この部門で残念ながら候補落ちとなったのは、『ソーシャル・ネットワーク』のアンドリュー・ガーフィールド。『わたしを離さないで』、新『スパイダーマン』と話題作で主役級が続く注目株だが、助演男優賞部門は中堅・ベテラン俳優が選ばれる傾向にある。27歳のアンドリューは、まだ少し若すぎたようだ。

    助演女優賞  メリッサ・レオ 『ザ・ファイター』
    助演女優

    【スタッフの予想】
    メリッサ・レオ『ザ・ファイター』  メリッサ・レオ、50歳にしてついにスポットライトを浴びる時がきた。テレビシリーズにコンスタントに出演し、『21グラム』『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』などで名演を披露するも、一般の映画ファンの間で話題になることはほとんどなかった。彼女の転機は、もちろん2008年の主演作『フローズン・リバー』。生活苦から逃れるため不法入国者を手引きするシングルマザーを演じ、インディペンデント・スピリット・アワード主演女優賞を受賞、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた。『ザ・ファイター』ではボクサーの息子の試合を仕切る過保護なステージママ役。ド派手なメイクと悪趣味な服に身を包んだモンスターマザーを迫力たっぷりに演じ、主要批評家賞、ゴールデン・グローブ賞、全米映画俳優組合賞をもぎ取った。

     そんなメリッサの行く手を阻むライバルは、同じく大ベテランのジャッキー・ウィーヴァーだ。『Animal Kingdom(原題)』では、麻薬のディーラー一家を牛耳るゴッドマザー役で、ロサンゼルス映画批評家協会賞、ナショナル・ボード・オブ・レビューを受賞。昨年のモニーク(『プレシャス』)といい、この部門は強烈な役柄が大好きなのだろうか。ベテラン女優が火花が散らす助演女優賞部門、果たして結果はいかに。


    受賞の4人
    受賞の4人


    ★第83回アカデミー賞★

    ★ソーシャル・ネットワーク公式HP★

    ★英国王のスピーチ公式HP★

    ★ブラック・スワン公式HP★

    ★ザ・ファイター公式HP★

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://lacoco.blog11.fc2.com/tb.php/299-7bf1820e

     | HOME | 

    Appendix

    猫

    ネーム:Komachi

         

       Admin

    Categories



    Monthly







    Calendar

    « | 2017-08 | »
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    Recent Entries

    Categories





    Recent Comments

    Recent Trackbacks





    まとめ